ボディーシャッド復活


 ボディーシャッドと聞いて、「懐かしいなあ」と感じる人はボクと同じ世代でしょうか? 古きよき時代、当時最も輝いていたブランドがティファであり、そのティファがロボワームにオリジナルで作らせたワームがボディーシャッドでした。
 ややファットなボディーにスリムなテールは、当時としては斬新なデザインで、その後の多くのワームが生まれるきっかけとなった名作と言えます。
 ボディーシャッドといえば、当時最強の”釣れ釣れ”ワームの代表格でした。まさに最後の切り札。使うことが反則とまで言われ、ボクもよくお世話になりました。まだドロップショットがない時代です。ジグヘッドリグが定番で、ボクはフラット面を底面にするセッティングがお気に入りでした。
 そして時代は流れ、ティファがなくなり、ボディーシャッドもまた姿を消してしまいました。ところが、最近ショップでボディーシャッドが復活しているのを知りました。しかも3インチも4インチも。パッケージはその他のロボワームと同じとなり、以前のティファのパッケージではなくなっています(当然ですが・・・)。
 うれしいのはカラーが当時のカラーではなく、より”釣れ釣れ”の今風&最新カラーが売っている点です。最近紹介したばかりのアーロンズ・モーニングドーンやアーロンズ・プロマジックまであります。久しぶりにボディーシャッドにお世話になりたくなってきました。

P1040357_640x496

ボディーシャッド復活」への4件のフィードバック

  1. GRANBASS

    川越様 パープルウィニーはありましたよ。たしか・・・。
    木本様 西海岸でも特殊なショップでしか売ってないのではないでしょうか? たぶん、日本限定じゃないでしょうか。
    高嶋様 4インチは夏ぐらいには入荷していたみたいですね。でも3インチのしかも、アーロンズ・モーニングドーンがあったのはビックリでした。

    返信
  2. 高嶋

    去年の夏くらいに、入荷してきてますよね。
    結構、置いてる店、多いはずですけどねぇ~(^^;

    返信
  3. 川越

    ボディシャッドは結構買いだめしといたんですが・パープルウィニーとかありますか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA