噂のマネーベイト


ついに話題のチャター系ルアー、ジャック・ハンマーが発売されましたね。実は昨年、ブレット・ハイトがエリート第2戦で2位になった際に使っていたとレポートされてから、アメリカでは各方面で話題となり、複数のエリートプロやFLWツアープロたちから、送ってほしいというリクエストが舞い込んだものでした。ところが、いつまで経っても発売されない。いったいどうなっているんだと多くのメッセージやメールが来たものです。そして、あの試合からほぼ1年経って、ようやく待ちに待った発売となったわけです。
ジャック・ハンマーがなぜここまで話題となったのか。それはブレット・ハイトが公私ともに認めるアメリカNo.1のチャター系の使い手で、そのブレットがジャック・ハンマーの開発に協力したというからです。実はブレットは長年、フェニックス社のブレードジグを愛用していました。最初はシークレットだったのですが、もはや知らない人がいないぐらい有名になって、廃盤となったブレードジグがオークションで高値で取り引きされるまでになりました。ブレット自身は一生分のストックを保有していると語っていたほどです。それほどまでにブレードジグは一般的なチャター系とは何かが違うマネーベイトだったのです。
その違いが分かるブレットが、ついにブレードジグを超えるチャター系を作ったのです。そもそも、チャター系はアメリカではパテントの関係で、エバーグリーンはアメリカで販売できません。それでも、自身が欲しいために作ったのがジャック・ハンマーと聞かされたら、気にならないわけがありません。
来週にはクラシックに行くことになったので、買ってきてほしいというリクエストが次々と入ってきたので、ショップを回ったものの、少しタイミングを逸して、まとまった数を確保することができず、あちこちで通販するはめになりました。
そんなわけで、ボクも定番の3/8オンスを手に入れたので、さっそくパッケージから取り出してみました。「フック、デカっ!」が手に取った第一印象で、バルキーなトレーラー付けても良さそうですが、正直、根掛かり多発しそう。琵琶湖のようなウィードエリア向きな感じがしました。次に感じたのがヘッドの小ささ。「これタングステン?」って思うぐらいコンパクトで、一般的な3/8オンスのイメージより小さく感じます。そこで、フェニックス・ブレードジグ、愛用のアディの3/8ozのヘッドとウェイトを比べてみました。可能な限り誤差が出にくいように、スカートを取り除いて、アディはガードも抜いて比べてみました。
結果はジャック・ハンマーが11.0g、アディが12.4g、ブレードジグが12.7gという結果でした。ブレードの重さはそれほど変わらなそうですし、フックはジャック・ハンマーが一番重そうに見えるので、ヘッド単体でアディやブレードジグより1g以上軽いことになります。これは少し興味深いですね。一概には言えないかもしれませんが、ジャック・ハンマーの方が同じウェイト表示なら少しレンジが浅くなるんじゃないでしょうか。

 

 

 

got blowup?


got milk? って知っていますか? 直訳すると「ミルクある?」とか「ミルク飲んだ?」といったニュアンスですが、アメリカ人では知らない人はまずいない有名なキャッチコピーです。

1993年から今も続く、全米乳飲料加工業者連盟が展開する牛乳促進のキャンペーンで、ロックスター、映画スター、スポーツ選手といった有名セレブを起用し、ミルクを飲んだ後に唇の上に出来てしまうミルクの口髭を付けてポーズをとるオシャレな広告が常に話題となっています。

このgot milk?という誰もが知ってるコピーは、いろいろなグッズにも利用され、同じフォントを使ったパロディー物も無数に販売されています。ボクは以前からこのフォントを使ったパロディー版Tシャツを作りたいと思っていまして、このたび、got blowup?というコピーで、オリジナルのTシャツを作りました。

blowup(ブローアップ)とは、トップウォーターの水面バイトのことを意味します。よくアメリカ人と釣りの話をしていると、”I got three blowups on frog.” (フロッグで3発出たよ。)とか”I got a huge blowup on this.”(これにメチャすごいバイトしてきたよ。)みたいな使い方でよく耳にします。つまりgot blowup?とは、「バイトあった?」みたいなニュアンスだと思ってください。

このTシャツは今まで作ってきたドライ素材の釣り用というよりは、普段着としも着られるように、6.2オンスのコットン素材で作りました。もちろん、釣りで着ても面白いです。バスをフロッグで釣ってTシャツが写るように写真を撮ってSNSにあげると、アメリカ人ウケすること間違いなしです。

今回キープキャストで限定販売しますので、オシャレって感じてもらえた方はぜひ手に入れてください。

エリートシリーズの夢と現実


久々の更新です。2016年も残すところ、後数時間になりました。2016年の締めくくりには、ふさわしくない内容かもしれませんが、フェイスブックを通して興味深い記事を見つけたので、長文になりましたが、まとめてみました。

以前、このブログで元エリートプロのケヴィン・ショート(今年のバサーオールスタークラシックのバスキャットブースに来ていましたね)の興味深い記事を紹介させていただきました。

http://granbass-blog.teckellure.com/2016/03/24/2679

簡単に要約すると、エリートプロが1シーズンを戦うための単純な平均的最低限の経費(エントリーフィー、ガソリン代、宿泊代、食費、トラック代、保険代、フィッシングライセンス代等、ボート代とタックル&装備費は含まず)だけで68,000ドルも掛かり、2015年シーズンに賞金だけでこの経費をペイできたプロは、税金を引かれる前で上位39人、税金を引かれた後では上位12人しかいないというものです。つまり、出場選手の半数以上が、経費と賞金の収支で赤字というエリートプロの現実をリアルに紹介したこの記事は、大きな反響がありました。

華やかなアメリカのトップカテゴリーのトーナメントシーンですが、現実はかなり厳しそうです。特に下位の選手はエントリフィーすら回収できず、数百万円単位の赤字を出している計算になります。それでも毎年出場できるのはなぜか。もともとお金持ちや副業があるプロもいますが、多くはスポンサーによる金銭的援助に頼ることになります。仮に毎年出場できて、食いつなげたとしても、ポケットにお金は残りません。スポンサーを失えば、出場することができませんし、引退しても老後の蓄えはありません。正直言って、夢なんかありません。

そして、ケヴィン・ショートの続編記事がアップされました。2016年シーズンの総括として、かなり突っ込んだ内容になっています。

この記事によると、今シーズンのエリートシリーズの全選手へ支払った賞金総額(AOYやクラシック賞金を含む)は848万3500ドルで、その内訳は選手から徴収したエントリーフィーが522万4500ドルで61.58%、バスマスター側が工面した額が325万9000ドルで38.42%だったそうです。

さらに衝撃的な指摘が続きます。B.A.S.S.が今のエリートシリーズを始める前のTOP150ツアーの時代、エントリフィーは今のような高額ではなく、賞金額も今の半分ぐらいでした。2004年当時の全選手へ支払った賞金総額(AOYやクラシック賞金を含む)は507万9900ドルで、その内訳は選手から徴収したエントリーフィーが173万2500ドルで34.10%、バスマスター側が工面した額が334万7400ドルで65.89%だったそうです。

エリートシリーズが始まった2006年の場合、全選手へ支払った賞金総額(AOYやクラシック賞金を含む)は1,127万6350ドルで、その内訳は選手から徴収したエントリーフィーが583万ドルで51.70%、バスマスター側が工面した額が544万6350ドルで48.30%だったそうです。

この記事でケヴィン・ショートが指摘しているのは、エリートシリーズは賞金額が上がり、華やかで成功を収めているように見えても、現実は選手の負担割合が年々上がっているという点です。バスマスター側が支払った額は(といってもスポンサーから協賛金を集金している)2016年シーズンよりも2004年シーズンの方が多かったというのは驚きです。今シーズンで言えば、選手が獲得している賞金の約6割に当たる分が、選手たちが工面したエントリフィーを取り合っているにすぎません。

果たして、これが選手たちが本当に望んだプロフェッショナルトーナメントの姿だったんでしょうか? 極論を言えば、トップのエリートプロを支えているのは、毎年出場するだけで精一杯のその他大勢のエリートプロということになります。そして、バスマスターは確実にスポンサーの協賛金とメンバーシップの年会費で儲けているというわけです。

今年もバサクラ行きます その4


バサクラ会場では2日間、ハーツマリン様ブース内に常駐しまして、テッケルフロッグの色塗りイベントをやっております。色塗りは本当に楽しいですし、ぜひ体験していただきたいのですが、色塗り以外にも、フロッグの補修等もやっています。使い込んで、スカートが切れたり、溶けてしまったものや、ウェイトが取れてしまったものなどがあれば、ぜひ持って来てください。無料で補修させていただきます。毎年、歯形がいっぱい入ったフロッグを見せていただくのを個人的に非常に楽しみにしています。

また、当日は私も開発テストに1シーズン参加させていただいたレジットデザインのフロッグロッド、WSC65MH / WSC69MHを1本ずつ用意しております。購入を検討中の方がおられましたら、気軽に声をかけてください。フックを折ったテッケルフロッグで試投できるように準備しておきます。ただし、リールは右ハンドルしか用意しておりませんので、左ハンドルをお使いの方はPEラインを巻いたご自身のリールをご持参ください。

フロッグをうまく動かせない、アクションのさせ方がよく分からない、首振りさせているつもりなんだけど、これでいいのか見てほしい、という方がおられましたら、レクチャーもさせていただきます。ちょっとしたコツをつかむだけで、簡単に動かせるようになります。こういう体験は水辺のアウトドアイベントだからこそできる貴重なチャンスです。とにかく、遠慮なく声かけてください。

今年もバサクラ行きます その3


img_0709バサーオールスタークラシックでは、ハーツマリン様ブース内で、テッケルの通常アイテムも販売しています。テッケルは取り扱い店様が限られているので、近くのショップでは買えないという方もおられると思います。まだ使ったことがない、見たことすらない人もぜひ、試しに買ってみてはいかがでしょうか?

当日はテッケル商品を購入していただいた方には、もれなくオリジナルステッカーをプレゼントさせていただきます。

今年もバサクラ行きます その2


img_0703 毎年、楽しみにしているバサーオールスタークラシック。いよいよ来週となりました。私は今年もハーツマリン様のブース内で、カラーミーイベントをさせていただきます。

すでにイベント限定として、ポッパーチューンのワッカーを販売する予定であることをお知らせしましたが、さらに日本では販売していないブラックバードカラーのワッカーとホンカーを数量限定で販売させていただきます。こちらも普段はなかなか手に入らないカラーですので、ぜひこの機会に手に入れてください。

今年もバサクラ行きます その1


img_070110月も半ばというのに、暑い日が続きますね。今月末にはバサクラですね。こんな調子なら、利根川もまだまだフロッグでイケるんじゃないでしょうか? ボクは今年もハーツマリン様のブース内で、カラーミーイベントをさせていただきます。毎年、いろいろな方とフロッグ談義ができるのを楽しみにしています。

また、イベント限定として、私がポッパーチューンしたテッケルフロッグを販売する予定です。数量限定でカラーはブラックブルーとボーンのみとなります。購入したフロッグにラメ等を塗ってもらうこともできます。興味のある方はお早めにハーツマリンブースへお越しください。

 

10ftのバスロッドってどうよ


先日、B.A.S.S.のサイトでショッキングなニュースが飛び出しました。2017年シーズンからB.A.S.S.のトーナメントでは10ftまでのロッドの使用を認めるというものです。これまでのルールは8ftのロッドがMAXだったわけで、いきなり2ftも使用制限が伸びたことになります。

当然、facebook上でもいろいろ話題になりましたが、おおむねロッドメーカー関係者は歓迎ムードというか好意的な発言が多かったように思います。そりゃあ、全く新しいジャンルのロッドの登場ですから、新しい需要を生み出すという点で売り上げアップが期待できるのかもしれません。

しかしながら、我々一般釣り人はどうなんでしょう? 個人的にはそんな長いロッドを振り回したいか、と聞かれたら答えはノーです。もちろん、今は違和感があるだけで、何年か経てば、普通になるのかもしれませんけど、とにかくバスフィッシングのスマートさがぜんぜん感じられません。実際、B.A.S.S.の記事に対するコメントも否定的な意見と肯定的に意見が半々といったところでしょうか。

それでは、10ftのロッドが、バスフィッシングの可能性をどれほど広げてくれるのでしょうか? 

1番に考えられるのはやはりディープクランキングじゃないでしょうか? 昨今のウルトラディープクランキングのブームに拍車をかけることになるかもしれません。よりロングキャストができて、ロッドを水中に突っ込んでニーリングすれば、未知のディープエリアを引っかき回すことが可能になるわけですから、今まで釣れなかった魚をキャッチできるかもしれません。そこまでウルトラディープじゃなくても、クランキングをしていて、立ち木か何かにスタックしても、ロッドが長いと簡単に外すことできます。

トーナメントでのアドバンテージを考えれば、サイトフィッシングでの優位性が上げられると思います。ボートはパワーポールで突き刺して、バスの鼻先に真上からルアーをそっと落とすなんてことが可能になるかもしれません。

フリッピングでもそっとアシ際に落とすこともできるでしょうし、桟橋下やオーバーハングの奥に竿先を突っ込んで、ウナギの穴釣りみたいにルアーを送り込むなんてこともできるかもしれません。

それ以外に考えられることといえば、今までならできなかったロングリーダーのキャロライナリグをキャストすることが可能になることでしょうか? 

それでは、デメリットというかネガティブ要素としてはどんな点が上げられるでしょうか?

個人的に1番抵抗があるのは、バスとのやりとりや取り込みです。正直、スマートさに欠けてしまうと思うのです。特にエリート戦はハンドランディングが基本で、ネットは使用できませんが、ボート上で10ftのロッドで掛けたビッグバスをハンドランディングするのは、かなりたいへんです。バスマスターオープンのようなネットが使える試合でも、ネットの柄が長くないとランディングはけっこう難しいと思います。当然、釣り味にも欠けると思います。

ロッド開発技術が進んだとはいえ、10ftもなると、かなり重いロッドになるのは必至です。ルアーの引き抵抗も大きくなりますし、フッキング時やキャスト時の肘や手首への負担も大きくなることでしょう。

もう一つ、大きな問題はその長さ故の不便さです。10ftのロッドなんて、ボートデッキ上でもてあまして邪魔でしかたありません。20ftクラスのボートでもコンソールがあると、デッキにうまく置けません。

バスマスターオープンの試合では、バックシートにコアングラーが乗りますが、試合中ルアーのフックを頭などに引っかける事故も多発すると思います。実際、私はコアングラーの経験が多数ありますけど、アメリカ人って、垂らしを長くしてサイド気味に投げる人が多くて、何度もヒヤリとした経験がありますし、二度フッキングさせられたこともあります。失明なんて最悪な事故が起きないことを祈るばかりです。

そもそも、豪快なアメリカ人たちが10ftのロッドをうまく扱えるのか、それ自体が疑問です。フッキング時、ランディング時、輸送時、ロッドを折るトラブルが多発するんじゃないでしょうか?

 そんなわけで、個人的にはアラバマリグが登場したときと同様、かなりネガティブな私であります。果たしてFLWがどう出るか。そして、日本のトーナメント団体はどう出るか。

 

お主も悪よのう…


昨日の京都新聞のWEB版で興味深い記事が上がっていました。琵琶湖全域のブラックバスとブルーギルの総生息量は2015年は1240トンなんだそうです。”毎年の捕獲数から外来魚の年齢構成などを割り出し、過去にさかのぼって推計”とあるけど、より詳しい算出結果を知りたいものです。せめて、ブラックバスとブルーギル、別々の生息量ぐらい出してもらいたいものです。個人的にかなり興味あります。

この数字、2011年より増えているんだとか、”お前に釣れないのは、バスが減ったからじゃなくて、単に下手なんだよ”って言われているような・・・。

そもそもこの数字って言ったもん勝ちで、こちらとしては覆すデータを出すこともできませんから、世間は鵜呑みにするしかありません。だけど、2011年水準と変わらないということは、その間につぎ込んだ税金はまったく無駄に終わったことになりませんか? その予算を環境整備や稚魚放流に使った方が、何らかの成果が出たと思いますけど。

”14年と15年は水草の異常繁茂で捕獲作業が鈍った。さらに15年は直近2年の捕獲実績が落ちたため、国の補助金が減額された”とありますけど、実際は”水草根こそぎ除去作業”とやらに予算が回ったわけで、今年、水草が少なくなったから、再び外来魚の駆除予算を増やせと言いたいわけです。

つまりは、外来魚も水草もうまく生かさず殺さず、コントロールし続ける限り、永久に無駄に税金をつぎ込むことができるというわけです。「お主も悪よのう・・・」滋賀県と漁師のそんな高笑いが聞こえてきそう。

http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20160914000128

そのライフジャケットは本当にあなたの命を救ってくれますか?


最近、やたらとあちこちで目にするライフジャケットに関する啓蒙的な投稿&話題。たいへん大事なことだと思いますが、少し違和感を覚えています。それは「とにかく、(とりあえず)着用しよう」的な内容が多いからです。正直、着用していない人は論外なので、まずは着用させようと訴えるのはいいことに違いありません。着用していない人が事故にあっても、結局は釣り人全体への風当たりがきつくなるわけですから、いい迷惑でもあります。ただ、結局は命を守るために着用しているという意識より、ルールだから、他人に指摘されるのが面倒だから、という理由でとりあえず着用している人が多いのが現実だとよく感じるのです。

「そのライフジャケットは本当にあなたの命を救ってくれますか?」 真面目にそんなことを考えたことがありますか?

よく話題になるテーマに「膨張式はいざという時に本当に膨らんでくれるのか?」という疑問があります。実際、膨らまなかったという話(噂)を聞くこともあります。これは常につきまとう心配です。そこで、発泡樹脂などの固形式(浮力体式)の従来型ライフジャケットを強く推奨する人がいます。気持ちは分からないでもないです。ただ、強く推奨する人の中でも、股ひもをしていない人をよく見かけます。かなり無責任な人です。実際、釣り場で股ひもをしている人をあまり見かけません。その重要性を全く知らないのか、ただ、かっこ悪いとか煩わしいからなのか・・・。

股ひもをせずに、落水した場合、固形式ライフジャケットは上にずり上がりやすく、時には落水と同時にスポッと簡単に脱げることがあります。ボク自身、経験があります。日本では釣りをしている間(ボート上にいる間)、ずっと着用していなければなりません。一方、アメリカではボート走行中は着用の義務があっても、釣りをしている間は、急流な場所など、危険な場所でない限り着用の義務がありません。このルールの弊害で、日本の固形式ライフジャケットは、キャストなどがしやすいように、脇の部分が大きくカットしたデザインがされていたりして、さらに脱げやすくなっています。動きやすさ優先で浮力体が非常にコンパクトになっていて、その浮力自体が不安に思えるモデルもたくさんあります。特にソルト用のゲームベストのたぐいは背中にしかまともに浮力体がないものまであります。ポケットにいろいろ入れてしまえば、本当に心配です。固形式ライフジャケットを推奨する人たちはせめて、一緒に股ひも着用の重要性も強く訴えてもらいたいものです。固形式を愛用している人は、せめて一度くらい、実際にどんな風に浮くのか試しておいた方がいいと思います。

固形式の中にははじめから股ひもが付いていないものもあるようです。フロント部のベルトでしっかり固定して、ずり上がり防止を防ぐものだと思いますが、窮屈なぐらいかなりピッタリに装着しないと意味がないので、個人的には信用できないと思っています。

では、固形式と膨張式、どちらが安全なのかという最初のテーマに関してですが、膨張式を一括りにするのも危険です。手動式と自動式、首掛けサスペンダータイプ、ウェストベルトタイプ、ウェストポーチタイプなどがありますが、あくまでボク個人の見解ですが、サスペンダータイプ以外は安心できないと思っています。ウェストベルトタイプやポーチタイプを装着している人は、自分のタイプが落水時にどんな風(形)に膨らむのかを本当に理解した上で着用しているのかいつも疑問に思います。浮き輪が外に飛び出すタイプなんて論外です。

もう一つ、どこのメーカーの物かも分からない激安品の膨張式に、自分の命を預ける勇気もありません。もちろん、メーカー品がいざという時に100%絶対に膨らむと信じていいのかも疑問ではありますが、少なくとも安心感が違います。

長々と前置きを書いた訳ですが、最終的に言いたいのはこれです。「あなたは落水後に気を失うことを想定したことがありますか?」

バスボートで高速走行中に落水、水面に叩きつけられた場合、かなり高い確率で落水と同時に気を失うことが想定されます。こちらが低速で走行していても、他のボートや水上バイクに突っ込まれる可能性もゼロではありません。夏の高温で熱中症で倒れるなんてことも考えられます。手動式膨張や、膨張後に自身でたぐり寄せたり、着用する必要のあるライフジャケットは無意味です。冬、たくさん着込んだ状態でウェストベルト式が膨らみ、腰の位置などで引っ掛かった場合、重たい頭は水中に没してしまうかもしれません。

股ひもをしていない固形式タイプも落水と同時脱げるか、脱力した状態では、いずれずり上がって脱げるか、顔は水の中で呼吸が維持できないかもしれません。落水時は意識があっても、水温が15度切るような状態では、あっという間に低体温症で意識を失ってしまうそうです。

サスペンダータイプは浮力が大きくて、構造上、顔を上にして仰向けでしっかり高い位置で浮こうとするので脱力した状態でも呼吸を維持できます。落水時の衝撃で脱げることもなく、膨張後は体にしっかりフィットするので脱げる心配はありません。膨らんだ後は、視認性の高いオレンジやイエローになるので、遠くからでも発見されやすく、他のボートにひかれる可能性も低いはずです。ただ、海の場合、磯などの岩場では、波に洗われて膨張式は破れて浮力を失うことがある点も理解しておく必要があります。

固形式タイプは磯からの落水やバスボート等の事故の際、怪我を抑える緩衝材的な役割を果たすという面もあります。そう意味では、固形式も正しく使えば、安心な一つの選択肢であることは間違いありません。ただ、たまに枕や座布団、クッション代わりにいつも使って、古くペッチャンコになったライフジャケットをいつまでも使っている人を見かけることもあります。浮力体は縮んでしまえば、当初の初期浮力を維持できません。新しいものを購入することをオススメします。

ボクは泳ぎが得意でありませんし、過去に何度か落水の経験もあります。アメリカのトーナメントで死亡事故や落水事故も何度も見聞きしています。これはあくまでボク自身の見解であり、反論する人もいるかもしれませんが、少なくとも、自身が着用しているライフジャケットの構造と万一の想定を見直すきっかけになれば嬉しいです。