作成者別アーカイブ: GRANBASS

ライフジャケットの着用義務拡大


最近、巷で話題となっている”ライフジャケットの着用義務拡大”について。すでに情報はいろいろ回っているので、すでに周知のことと思いますが、平成30年2月1日から小型船舶に乗ったらライフジャケットの着用が全面義務化されます。大いにけっこうなことだと思います。
そこで話題となっているのが、今後は桜マークの付いていないライフジャケットは使用禁止で、違反すると船長に罰則があるという話です。
国土交通省のホームページ(http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr6_000018.html)には、「安全基準に適合したライフジャケットを使いましょう!」という項目で、「ライフジャケットには、水中で浮き上がる力が7.5kg以上あること、顔を水面上に維持できることなどの様々な安全基準が定められています。 国土交通省が試験を行って安全基準への適合を確認したライフジャケットには、 桜マーク(型式承認試験及び検定への合格の印)があります。」という表記があるだけで、桜マーク付きを着用することを義務付けるような表現がありません。
同じく、国土交通省が作ったポスターには「桜マークのあるライフジャケットを着用してください!」とありますが、これも必ずしも義務付ける表現ではありません。そこで実際のところ、どうなの?ってことで、直接、国土交通省海事局安全政策課に電話してみました。
なぜ、電話をしてまで確認したいかというと、ボクが個人的に愛用しているムスタングのライフジャケットに桜マークが入っていないからです。ボクが長年、ムスタングを愛用している理由は、シンプルに万一の際に命を守ってくれると一番信頼しているからです。バスボートで走行中、どんな大波に刺さっても、大雨の中釣りをしても誤爆せず、万一落水と同時に気を失っても、水圧を感知して自動膨張し、確実に呼吸できる浮き姿勢を保ってくれるからです。
話が逸れましたが、電話の結論は、桜マークの付いていないライフジャケットは使用できなくなるみたいです。はるかに危険で信用に値しない多くのライフジャケットの使用を認めつつ、
ボクのライフジャケットは使用できなくなります。ただ、猶予期間があって、実際に罰則となるのは、平成34年2月1日からみたいです。
ちなみに、電話先の口頭では信用ならないので、明文化されたものを教えてほしいと尋ねたところ、平成30年2月1日施行後の条文を教えてくれました。
http://www.mlit.go.jp/common/001170737.pdf
以下引用 船舶安全法第二条第一項の適用を受ける小型船舶に乗船している場合にあつては、当該船舶に救命設備若しくは特殊設備として備え付けられ、又は当該船舶に持ち込まれた次の第一号から第三号までに掲げるもの(持 ち込まれたものにあつては、備え付けられたものに相当する性能を有するものとして国土交通大臣が認めるものに限る。)のいずれかを着用させる措置とし、同法第二条第一項の適用を受けない小型船舶に乗船している場合にあつては、次の各号に掲げるもののいずれかを着用させる措置とする。
一 小型船舶用救命胴衣(小型船舶安全規則(昭和四十九年運輸省令第三十六号)第五十三条に規定する小型船舶用救命胴衣をいう。)
二 小型船舶用浮力補助具(小型船舶安全規則第五十四条の二に規定する小型船舶用浮力補助具をいう。)
三 作業用救命衣(船舶設備規程第三百十一条の二十、小型船舶安全規則第九十九条の二又は小型漁船安全規則(昭和四十九年農林省・運輸省令第一号)第四十三条の二に規定する作業用救命衣をいう。)
四 救命胴衣(船舶救命設備規則(昭和四十年運輸省令第三十六号)第二十九条に規定する救命胴衣をいう。)

というわけで、納得できませんが、今後はムスタングは着用できなくなりそうです。

フロッグマン2017受付開始


今年で4回目となりますフロッグマン。5月28日に千葉県の長門川&将監川(長門川マリーナ)にて、予定通り開催します。「我こそは真のカエル男なり」という方は、ぜひぜひ参加をお願いします。
今年から霞ヶ浦水系では5月はライブウェル使用自粛期間となりました。すべては将来の自分たちのためです。そして、そんな時期だからこそ、バスをキープしない大会の意義、楽しさをより広く多くの人に知ってもらいたいと思っています。
ちょうど、来週はバスマスターエリートシリーズの特別戦、Toyota Bassmaster Texas Bass Festが開催されます。これはToyota Texas Bass Classic(TTBC)を引き継いだもので、TTBCのルールで開催されます。つまり、同船のマーシャルが船上でキャッチしたバスを検量してすぐにリリースするフォーマットです。何度も何度も訴えていますが、将来いつまでもバスフィッシングを楽しみたければ、バスはキープしないのが一番です。バスをキープする従来のスタイルは、それ以外に方法がなかった何十年も前の古いフォーマットにすぎません。ほとんどの人がスマホを待つ時代に、古いフォーマットにこだわる必要はもはやないと思います。。
参加費はお一人3000円です。レンタルボートは別途2000円、マイボートを長門川マリーナのスロープに持ち込みの場合はカートップオンリーで別途1000円が必要になります。昨年と同じく、北総マリンのスロープ使用の場合、バスボートでの参加もOKとします。ただし、長門川スロープまではデッドスローでお願いします。競技時間中はエレキオンリーとなります。レンタルボートは1人乗船とします。ボート持ち込みは2名まで参加可とします。
この大会は可能な限り、バスに負担を掛けない大会を目指します。釣ったバスはその場でメジャーを当てて写真を撮って、メールまたはメッセンジャーで送っていただきます。フェイスブックのイベントページに直接投稿していただいてもけっこうです。メジャーは当日に全員に貸し出します。大会は2匹長寸の合計で競います(3匹以上釣った方は最長の2匹でカウントします)。受信した写真はフェイスブックのイベントページにて、随時アップしていきますので、大会参加中でも、他の人がどれくらい釣っているか分かる仕組みです。昨年もやりましたこのフォーマットは、常に誰がどれだけ釣っているかが分かるので、普段のトーナメントとは違う楽しみがあります。ボーナスタイムによる早掛け勝負なども計画中です。
使用できるのは中空タイプのフロッグオンリーです。小細工なしで正統派のフロッグゲームで競っていただきたいので、スピニングタックルやベイトフィネスのタックルは使用禁止とします。50ポンドクラス以上のPEラインを使ったベイトタックルで扱えるサイズのフロッグをご使用ください。持ち込めるタックル数に制限は設けません。
優勝者には昨年同様、韓国バスフィッシング旅行にご招待します。最近の日本では、まず味わえない夢のような釣りが体験できます。個人的にはメキシコに行くより楽しいところです。もちろん、ボクも同行します。
参加申し込みはメールまたはメッセンジャーにて受け付けます。受付開始は本日からとしますが、来週金曜日まで出張なので、返信が遅れるかもしれません。レンタルボートかボート持ち込み(カートップorバスボート)かをお知らせください。レンタルボートの申し込みは、こちらで一括で行いますので、ボートの予約は不要です。申し込みされた方には受付番号をお知らせします。何らかの理由でメールが受信できないこともありえます。受付番号がないと、受付は完了していませんので、返信メールが届かない場合は再送・確認をお願いします。参加費とボート代は大会当日の朝に徴収します。当日の朝の受付は朝4時から始めます。大会のスタートは準備でき次第、5時-5時30分を予定しています。帰着は12時とします。
大会参加の申し込みメールはこちらまで。
granbass@mint.ocn.ne.jp

This is Sprinker その5


いよいよ、スプリンカーの日本国内での販売店様の予約受付が開始となりました。受付終了は4月26日となります。期間内に予約をしていただいた分は、すべて販売店様に納品できるように数を確保しますので、慌てて予約をしなくてもOKです。ただし、初回の納品後は、しばらく入荷はないかもしれません。
テッケルは今年からアメリカでの販売をラッキークラフトUSAにお願いすることになりました。その公式なアナウンスをした後に、スプリンカーの動画を発表したところ、想像以上の反響があり、毎日のように多くのメッセージがアメリカから寄せられています。正直、どれだけ作ればいいのやら、全く見当がつかない状態です。そんなわけで、初回製産分は、発注をもらった分以外は、ほぼアメリカに出荷されることになると思います。
しかも、ダブルフックの在庫はそれほどたっぷりありませんし、発注しても納期は1年掛かってしまいます。定番の物作りをモットーにしているテッケルとしては、本当に心苦しいのですが、確実に手に入れるなら、予約をオススメします。よろしくお願いします。

This is Sprinker その4


スプリンカーの使い方ですが、ストレートリトリーブが基本です。テールが回るギリギリのスピードか、ややそれよりも速めのスピードで巻くのが基本です。PEラインを使っていますし、バイトしたらダイレクトにアタリが伝わって、弾かれやすいので、バイト後ロッドを倒してラインスラックを作りやすいように、ロッドは立て気味にリトリーブしてみてください。止めても浮いているので、バイトの間を与えてやるのも効果的です。
変則技としては、ボディにあえて水を入れて、サスペンド気味にして水面直下を引き波立てて引くのも面白いです。テールは完全に水中に入った方がスローでもキッチリ回ります。いわば新種のスイムベイトです。
出しどころとしては、ヒシモやハスなどの葉が水面からチラホラ顔を出し始めたタイミングとか、カナダモやエビモなどが水面まで顔を出しているエリアなど、バスベイトやワッパープロッパーでは、釣りにくい状況が面白いです。ウィードレス性能を生かして、パラアシやブッシュ周りも有効です。
ただし、トロロ状のモスが浮いているエリアはスプリンカーは苦手です。どうしても回転するテールがモスをキャッチして、スイベル周りに絡みついてしまうからです。スイベルにカップ状のカバーを付ける等の対応策も考えましたが、絡みつくのを防ぐことができない上に、カバーを付けるとスイベル周りに絡んだときに、掃除するのがかえって厄介となるので、シンプルな構造にしました。
フッキングがうまく決まらないと感じたら、ダブルフックを左右に少し開いてみるのも有効です。その分、若干ウィードレス性能は落ちますが、ヘビーカバーでない限りは、それほどストレスを感じないはずです。

This is Sprinker その3


スプリンカーの開発で、もう一つ悩んだのがテールの接続方法です。
スプリンカーのテールはPVC、いわゆるワーム素材でできています。エラストマー素材では浮力が大きくて水カミが悪く、硬い素材でも理想のアクションや独特のチョッパーサウンドが得られませんでした。そのため、テールの強度に問題があります。早い話がテールがちぎれてなくなる可能性があります。特にライギョなんかにテールだけ噛みつかれて、フッキングしてしまったら、ひとたまりもありません。
テストでは、なんとかちぎれない方法はないか、接続方法も含めて、マテリアルの硬度も調整しながら試行錯誤しました。しかし、残念ながら、解決策は最後まで見つけることができませんでした。結果的にテールは交換が可能な方法を選択しました。
スプリンカーのテールはオーナー製のツイストロックのばねを使って接続しています。スペアテールも1つ付属しています。テールがなくなった場合は、簡単に取り付け可能です。将来的にはテールのみの販売も考えていますので、テールカラーをいろいろ組み合わせて楽しんでもらいたいと考えています。また、純正テール以外もいろいろなワームやブレードを付けて楽しんでもらうことも可能です。

This is Sprinker その2


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スプリンカーの開発で苦労したのがフックアップ率です。この手のルアーは正直、フッキング率が悪い印象は拭えません。ホンカーもストレートリトリーブでは、なかなかフッキングさせるのが難しいです。いくらバイトがあっても、ミスフッキングばかりでは楽しくありませんし、フラストレーションばかり溜まってしまいます。本場アメリカのトーナメンターは使ってくれません。そこで、いかに満足できるフックアップ率を確保できるか、このテーマの下に微調整を繰り返し、テールの金型は4回、ボディーの金型を5回も作り直しました。
そして、1日1バイトや2バイトが普通の日本では、なかなか思い通りのテストができないので、昨年は韓国に4回、メキシコに2回、アメリカに1回テスト釣行しました。そして、ようやく納得できるフックアップ率を確保できるようになりました。正直、ホニートードやリビット等のソフトベイト系バジングフロッグに比べても遜色ないフックアップ率です。むしろ、止めても浮くので、食わせるタイミングを与えやすい分、フックアップ率はより高いかもしれません。
フックのセッティング位置はワッカーやホンカーよりも緩く、フックポイントも後方にズラしてフックが180度ひっくり返りやすくしています。ワッカーのようにヘビーカバーの奥の奥に撃ち込むような釣りではないので、ウィードレス性よりもフックアップ率を優先させました。テールは立ち上がり良く、いかにスローに巻いても回転するよう、飛沫と音のバランスを見ながら、テールの角度や大きさの調整を繰り返しました。
もちろん、それでもスプリンカーは中空フロッグルアーです。誰でも、どんなタックルでも簡単にフッキングが決まるわけではありません。PEラインは絶対ですし、ロッドはやや長め、やや柔らかめをオススメします。個人的には昨年テストした中では、レジットデザインのWSC72Mが使いやすかったです。

 

This is Sprinker その1


テッケルから新作フロッグ”Sprinker(スプリンカー)”をリリースします。発売は5月末から6月初旬を予定しています。全国のテッケル取り扱い店様には発注書を案内していますので、早いところでは4月20日には予約を開始すると思います。
テッケルの製品は常に在庫するようにして、ほしいときに買えってもらえるよう努めてきましたが、今回のスプリンカーはアメリカで予想通りの大反響で、初回分は十分な在庫が日本向けに確保できない可能性があります。そんなわけで、確実に手に入れるには、予約を入れるか、発売後、なるべく早く手に入れるようお願いします。
さて、スプリンカーですが、シングルテールのニューボディで、シャッドテール状のソフトテールがローリングスイベルで接続されています。リトリーブすると、テールが回転し、スイムベイト系というよりはバジング系のカテゴリーに入るルアーです。
回転時の飛沫とソフトに水をたたくチョッパーサウンドが独特で、アメリカではワッパープロッパーのウィードレス版と表現されています。とにかく、使って楽しいルアーです。リトリーブしているだけで、ドキドキ、ワクワクさせる、バスフィッシングの楽しさを再認識させてくれる自信作となりました。
実釣可能な初期サンプルは、1年以上前にはありまして、昨年のキープキャストでは、実はボディだけは展示しておりました。ただ、テール部分の核心部分は、非公開とさせていただきましたが・・・。正直、最初にサンプルが上がってきて、テストしたときは、本当に鳥肌が立ったぐらいの感動でした。大げさじゃなく、これは大ヒット間違いないと確信しました。そこからは本当に身近な人にしか見せず、まさに極秘テストを繰り返し、サンプルの修正を繰り返し、ブラッシュアップを重ねて、ついにリリースできる運びとなりました。

噂のマネーベイト


ついに話題のチャター系ルアー、ジャック・ハンマーが発売されましたね。実は昨年、ブレット・ハイトがエリート第2戦で2位になった際に使っていたとレポートされてから、アメリカでは各方面で話題となり、複数のエリートプロやFLWツアープロたちから、送ってほしいというリクエストが舞い込んだものでした。ところが、いつまで経っても発売されない。いったいどうなっているんだと多くのメッセージやメールが来たものです。そして、あの試合からほぼ1年経って、ようやく待ちに待った発売となったわけです。
ジャック・ハンマーがなぜここまで話題となったのか。それはブレット・ハイトが公私ともに認めるアメリカNo.1のチャター系の使い手で、そのブレットがジャック・ハンマーの開発に協力したというからです。実はブレットは長年、フェニックス社のブレードジグを愛用していました。最初はシークレットだったのですが、もはや知らない人がいないぐらい有名になって、廃盤となったブレードジグがオークションで高値で取り引きされるまでになりました。ブレット自身は一生分のストックを保有していると語っていたほどです。それほどまでにブレードジグは一般的なチャター系とは何かが違うマネーベイトだったのです。
その違いが分かるブレットが、ついにブレードジグを超えるチャター系を作ったのです。そもそも、チャター系はアメリカではパテントの関係で、エバーグリーンはアメリカで販売できません。それでも、自身が欲しいために作ったのがジャック・ハンマーと聞かされたら、気にならないわけがありません。
来週にはクラシックに行くことになったので、買ってきてほしいというリクエストが次々と入ってきたので、ショップを回ったものの、少しタイミングを逸して、まとまった数を確保することができず、あちこちで通販するはめになりました。
そんなわけで、ボクも定番の3/8オンスを手に入れたので、さっそくパッケージから取り出してみました。「フック、デカっ!」が手に取った第一印象で、バルキーなトレーラー付けても良さそうですが、正直、根掛かり多発しそう。琵琶湖のようなウィードエリア向きな感じがしました。次に感じたのがヘッドの小ささ。「これタングステン?」って思うぐらいコンパクトで、一般的な3/8オンスのイメージより小さく感じます。そこで、フェニックス・ブレードジグ、愛用のアディの3/8ozのヘッドとウェイトを比べてみました。可能な限り誤差が出にくいように、スカートを取り除いて、アディはガードも抜いて比べてみました。
結果はジャック・ハンマーが11.0g、アディが12.4g、ブレードジグが12.7gという結果でした。ブレードの重さはそれほど変わらなそうですし、フックはジャック・ハンマーが一番重そうに見えるので、ヘッド単体でアディやブレードジグより1g以上軽いことになります。これは少し興味深いですね。一概には言えないかもしれませんが、ジャック・ハンマーの方が同じウェイト表示なら少しレンジが浅くなるんじゃないでしょうか。

 

 

 

got blowup?


got milk? って知っていますか? 直訳すると「ミルクある?」とか「ミルク飲んだ?」といったニュアンスですが、アメリカ人では知らない人はまずいない有名なキャッチコピーです。

1993年から今も続く、全米乳飲料加工業者連盟が展開する牛乳促進のキャンペーンで、ロックスター、映画スター、スポーツ選手といった有名セレブを起用し、ミルクを飲んだ後に唇の上に出来てしまうミルクの口髭を付けてポーズをとるオシャレな広告が常に話題となっています。

このgot milk?という誰もが知ってるコピーは、いろいろなグッズにも利用され、同じフォントを使ったパロディー物も無数に販売されています。ボクは以前からこのフォントを使ったパロディー版Tシャツを作りたいと思っていまして、このたび、got blowup?というコピーで、オリジナルのTシャツを作りました。

blowup(ブローアップ)とは、トップウォーターの水面バイトのことを意味します。よくアメリカ人と釣りの話をしていると、”I got three blowups on frog.” (フロッグで3発出たよ。)とか”I got a huge blowup on this.”(これにメチャすごいバイトしてきたよ。)みたいな使い方でよく耳にします。つまりgot blowup?とは、「バイトあった?」みたいなニュアンスだと思ってください。

このTシャツは今まで作ってきたドライ素材の釣り用というよりは、普段着としも着られるように、6.2オンスのコットン素材で作りました。もちろん、釣りで着ても面白いです。バスをフロッグで釣ってTシャツが写るように写真を撮ってSNSにあげると、アメリカ人ウケすること間違いなしです。

今回キープキャストで限定販売しますので、オシャレって感じてもらえた方はぜひ手に入れてください。

エリートシリーズの夢と現実


久々の更新です。2016年も残すところ、後数時間になりました。2016年の締めくくりには、ふさわしくない内容かもしれませんが、フェイスブックを通して興味深い記事を見つけたので、長文になりましたが、まとめてみました。

以前、このブログで元エリートプロのケヴィン・ショート(今年のバサーオールスタークラシックのバスキャットブースに来ていましたね)の興味深い記事を紹介させていただきました。

http://granbass-blog.teckellure.com/2016/03/24/2679

簡単に要約すると、エリートプロが1シーズンを戦うための単純な平均的最低限の経費(エントリーフィー、ガソリン代、宿泊代、食費、トラック代、保険代、フィッシングライセンス代等、ボート代とタックル&装備費は含まず)だけで68,000ドルも掛かり、2015年シーズンに賞金だけでこの経費をペイできたプロは、税金を引かれる前で上位39人、税金を引かれた後では上位12人しかいないというものです。つまり、出場選手の半数以上が、経費と賞金の収支で赤字というエリートプロの現実をリアルに紹介したこの記事は、大きな反響がありました。

華やかなアメリカのトップカテゴリーのトーナメントシーンですが、現実はかなり厳しそうです。特に下位の選手はエントリフィーすら回収できず、数百万円単位の赤字を出している計算になります。それでも毎年出場できるのはなぜか。もともとお金持ちや副業があるプロもいますが、多くはスポンサーによる金銭的援助に頼ることになります。仮に毎年出場できて、食いつなげたとしても、ポケットにお金は残りません。スポンサーを失えば、出場することができませんし、引退しても老後の蓄えはありません。正直言って、夢なんかありません。

そして、ケヴィン・ショートの続編記事がアップされました。2016年シーズンの総括として、かなり突っ込んだ内容になっています。

この記事によると、今シーズンのエリートシリーズの全選手へ支払った賞金総額(AOYやクラシック賞金を含む)は848万3500ドルで、その内訳は選手から徴収したエントリーフィーが522万4500ドルで61.58%、バスマスター側が工面した額が325万9000ドルで38.42%だったそうです。

さらに衝撃的な指摘が続きます。B.A.S.S.が今のエリートシリーズを始める前のTOP150ツアーの時代、エントリフィーは今のような高額ではなく、賞金額も今の半分ぐらいでした。2004年当時の全選手へ支払った賞金総額(AOYやクラシック賞金を含む)は507万9900ドルで、その内訳は選手から徴収したエントリーフィーが173万2500ドルで34.10%、バスマスター側が工面した額が334万7400ドルで65.89%だったそうです。

エリートシリーズが始まった2006年の場合、全選手へ支払った賞金総額(AOYやクラシック賞金を含む)は1,127万6350ドルで、その内訳は選手から徴収したエントリーフィーが583万ドルで51.70%、バスマスター側が工面した額が544万6350ドルで48.30%だったそうです。

この記事でケヴィン・ショートが指摘しているのは、エリートシリーズは賞金額が上がり、華やかで成功を収めているように見えても、現実は選手の負担割合が年々上がっているという点です。バスマスター側が支払った額は(といってもスポンサーから協賛金を集金している)2016年シーズンよりも2004年シーズンの方が多かったというのは驚きです。今シーズンで言えば、選手が獲得している賞金の約6割に当たる分が、選手たちが工面したエントリフィーを取り合っているにすぎません。

果たして、これが選手たちが本当に望んだプロフェッショナルトーナメントの姿だったんでしょうか? 極論を言えば、トップのエリートプロを支えているのは、毎年出場するだけで精一杯のその他大勢のエリートプロということになります。そして、バスマスターは確実にスポンサーの協賛金とメンバーシップの年会費で儲けているというわけです。