ボーンカラーのフロッグ


 ボーンカラーって、何か分からないですが、すごく釣れるカラーだと思うんですが、日本ではボーン素材によるサウンドばかりに注目が集まって、カラー自体については多くを語られていません。
 実はボクは秘かにボーンカラーのフロッグを作っていて、ヘビーローテーションで活躍しています。フロッグといえば、定番の白がありますが、ボクはバスが白とボーンを見分けられると信じています。というか、ただ、ボーンが釣れそうな気がするので使い続けられ、結果として釣果に出ているだけなのかもしれませんが・・・。
 用意するのはソフトビニール用のソフビカラースプレーです。このスプレーにはいろいろなカラーがありますが、これのナチュラルというカラーがボーンカラーにピッタリです。フロッグのスカートやフックを一度取り外し、ボディーをスプレーし、乾いてからフックとスカートを取り付け直します。
 フロッグのスカートは浮いてしっかりフレアするラウンドラバーが好みですが、カラーのバリエーションがイマイチです。フライ関係のショップを覗くと、珍しいボーンカラーやグレー、オリーブなどの中間色が売っています。

P1070512_640x480

P1070513_640x467

P1070514_640x480

P1070522_640x480

P1070527_640x480

P1070529_640x479

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA