話題のエビガエル その3


P1070518_640x480 関東で話題のエビカエルですが、ベントホール(水抜き穴)を開けると、ずいぶんストレスなく使えるようになりました。これでウィードレスポッパーとして、広範囲をスピーディーに探るにはいい仕事をしてくれそうです。
 ただ、レビューでも書きましたが、ピンを撃つボクの大好きなスタイルには、不満な部分が残ります。そこで、いくつか買った中の一つを、使い分けのバリエーションとして、さらに手を加えてみました。
P1070519_640x480 ”着水音を抑え、移動距離を抑え、ポーズで食わせられる”がコンセプトです。先ず、ベントホールを開けるのは同じです。次に重すぎるウェイトをヤスリ等で削ります。鉛なのでプラスチック用のニッパーでも簡単にそぎ落とすようにカットすることもできます。これで0.5gの軽量化に成功しました。たかが0.5gですが、水0.5gは相当な量でもあります。
P1070520_640x480 次にせっかくのエビシェイプのデザインを活かして、ティンセルとスカートをフックに巻いてみました。スカートは浮力の大きいラバー製ではなく、水に沈むシリコン製にあえてしてみました。そうすることで浮き姿勢を安定させることができると考えたからです。スカートはラバージグを巻く要領と同じで、前を短く、後ろを長めにカットしてみました。
 自画自賛ですが、思った以上にいい感じになったので、釣果が出る前に紹介したくなってしまいました。

P1070511_640x389

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA