テールスピンが気になる その4


 最近、バスプロショップのXPSブランドから発売されたスーパーシャッドというルアーが気になったので手に入れました。このルアー、写真で見るだけだと大きさがイマイチ、ピンと来ませんでしたが、けっこう大きいです。ただ、重さは1/3ozしかありません。
 つまり、鉛のヘッドではなく、ABS樹脂のハードプラグタイプのテールスピンというわけです。
 なぜ、このルアーに興味を持ったかというと、このルアーがコットンコーデルのスーパーシャッドにそっくりだからです。実は今はもう廃盤となったコーデルのスーパーシャッドに、以前から興味があったのですが、手に入れることもできないままでした。
 2011年のFLWツアー、ビーバーレイク戦で2位になったステイシー・キングが最終日に使っていて、テレビカメラの前でグッドサイズを次々とキャッチするのが、このスーパーシャッドだったのです。彼はこのルアーを40年以上愛用しているそうです。
 ボクもこの放送を見ていたのですが、最初は普通のテールスピンだと思って見ていたのですが、かなりスローにリフト&フォールしているのが印象的でした。 ステイシー・キングによると、早春のビーバーレイクだったのですが、バスは立ち木のトップにサスペンドしていて、曇りのときはウィグルワートやワンテンを使い、晴れの日はスーパーシャッドを使ったそうです。
 そんなもはや手に入らないスーパーシャッドのそっくりなルアーが発売されたとあっては、気になってしかたがありません。ステイシー・キングが使っていたスーパーシャッドも1/3ozでしたし、ステイシー・キングのメインスポンサーはバスプロショップですから、関係がないはずありません。きっとステイシー・キングがアドバイスし、復刻させたに違いないと思ったわけです。
http://www.wired2fish.com/learning-the-super-shad-with-stacey-king/

King3

P1120377_640x480

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA