テールスピンが気になる その3


 テールスピンというルアーの最大の欠点はとにかく、よくバレることです。一つしかないトリプルフックは、小さいものしか使えません。大きいフックを使うとフックがボディの背中側に回って引っ掛かったり、”エビ”になったりしやすいからです。
 フォール中のバイトで即掛けアワせるので、どうしても浅掛かりになってしまい、ジャンプ&首振りをされると、ルアー自体の自重があるので遠心力で吹き飛ばされて外れてしまいます。意外に大きいバスもよくヒットするので、なおさらよくバレます。
 そんなわけで、アメリカではラインスルータイプのテールスピンがけっこう人気だったりします。フッキングさえしてしまえば、バスが首を振っても、ボディー自体がスルスルと上方向にズレるだけなので、バレる確率が劇的に減ります。一度でも使うと、その有効性は明らかに実感できるので、ラインスルータイプしか使えなくなるほどです。シーバス用でラインスルータイプが発売されないのが不思議なぐらいです。

P1120359_640x479

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA