モザイクチャター


P1100355_640x480

 チャターベイトって、フックがダメになったらどうしてますか? スピナーベイトの場合、たくさんバスを釣ってフックがダメになる前にワイヤーが折れてしまうことが多いですが、チャターベイトの場合はけっこう根掛かりしますし、フックが岩などにかんでフックポイントが折れてしまうことも多いです。樹脂タンのヘッド場合、岩にぶつけたりして、ヘッドが欠けてしまうこともあります。
 そんなとき、もったいない病のボクはついついブレードだけでも再利用を考えるわけですが、いざヘッド部分を探すとなるといいのが見つからないものです。最近のラバージグは、ショートシャンクのギャップが小さなフックばかりで、フッキングが心配なだけでなく、セットしたトレーラーも安定が悪いです。そろそろワイヤーが折れそうなスピナーベイトに第二の人生を与える手もありますが、すでに使い込んでいる場合が多いので、フックがなまっていることが多いです。
 そこで思いついたのがモザイクジグです。ラインアイ部分はワイヤーシャフトになっているので、スプリットリングを介さず、ブレードを直接付けることができます(ワイヤーの閉じている部分はロウ付けされていますが、ペンチで簡単に開くことができます)。ワイヤーをカットして、ヘッド近くに新たにワイヤーを曲げてブレードをセットする方法も考えましたが、面倒なのであえてそのままを利用しました。
 そうすることで、他のチャターベイトとは違うメリットもあります。チャターベイトって、バスが丸呑みバイトしてくるので、ブレードが邪魔をしてフッキング時にすっぽ抜けることがありますが、このモザイクチャターはフックポイントがブレードから距離があるので、フッキングがよくなります(よくなる気がします)。
 そして、もう一つこれが面白いのですが、フォール姿勢が素晴らしく安定します。ヘッド近くにブレードが付いたチャターの場合、フォーリング中にバランスを崩してしまう物が多いですが、このモザイクチャターは、ブレードがヘッドから離れているおかげで、キレイにカーブフォールしフォーリング中のバイトも期待できそうです(友達の家のプールで確認)。ボトム付近でのリフト&フォールでも効果ありそうです。
 さらに調子に乗って、スナップのブレードの裏側にローリングスイベルを通し、小さなコロラドブレードを付けたものも試したのですが、これがかなりいい感じです。これもノーマルのチャター系ベイトに試してもブレードがヘッドに近いと、水切りが悪いのか何か干渉してコロラドブレードがうまく回転しません。
 ”もったいない”から再利用のつもりが、偶然の産物なのかこれまた天使のイタズラか、意外にイケてるチャターベイトが生まれたので、ついつい人に教えたくなってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA