新たな引き出し


P1090455_640x393

 今回のデルタの試合で入れ替えサイズを2匹プレゼントしてくれたのが、ラパラのXラップ・プロップでした。 写真のXラップ・プロップはフック同士が絡まないように、シリコンチューブでフックの遊び幅を制限しています。
 スキニータイプのダブルスイッシャーはフロリダでは定番中の定番で、デビルズホースやボーイ・ハウディーはフロリダのショップなら普通に見かけますが、同じアメリカでも他の州ではそれほど目にしません。きっと何かあるに違いとボクも毎度、オキチョビーの試合に持って行くものの、あまり自身のコンフィデンスがなかったり、コアングラーでは使い場に恵まれず、出番がないままでした。
 ところが、今年のオキチョビー戦の後、北嶋一輝さんとキシミーで釣りをした際に、彼がXラップ・プロップでグッドサイズを連発させているのを見て、帰国後、タックルウェアハウスで衝動買いしてしまいました。
 彼の使い方はかなり力強く、ジュボッ!ジュボッ!とジャークしてポーズが基本で、見ているだけで、こっちまで釣れそうな気になってしまうぐらいいい音をさせているのが印象的でした。
 そのXラップ・プロップですが、その後、出番がないままデルタ戦を迎えたんですが、なんとなく、日本から持って行ってまして、プラでも使わなかったのですが、試合中にひらめいて使ったら大正解でした。後ろのコアングラーがバズベイトを投げていて、まったくバイトがないのに、ボクにだけアタリが連発しました。ジャークの仕方が意外に難しく、強すぎると飛び出したり、フロントのフックがラインを拾ったりするんですが、弱いと魅力的に音が出ません。とにかく、激しく、ただし飛び出さないようにの力加減がなかなか微妙で面白いです。
 今の日本では、トップウォーターのプロップ系というより水中のスクリュー系の方が出番が多いみたいですし、プロップベイトって、ゴミが巻き付いたり、ラインが巻き込んだり、トラブルが多くて面倒なイメージで、すっかり使わなくなっていたんですが、ボクとしては引き出しが一つ増えた感じで、日本の釣り場でいろいろ試すのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA