悔しいけど止められない


またまた、久しぶりです。アメリカの試合から帰国し、今は中国からのブログ更新です。
意気揚々で望んだデルタの試合でしたが、結果から言えば、箸にも棒にもかからない悲惨な結果でした。おかげで、意気消沈して、ブログの更新すらできずにいました。
たった1度だけの贅沢で無謀な挑戦だったデルタでのボーター参戦ですが、その味が忘れられず、3回目となった今回、プラクティスは今まで以上の手応えでした。
ノンボーター時代から、デルタのこの時期のセオリー的な釣り方は理解しているつもりだったので、よりビッグウェイトが出せる可能性が高い釣りをメインに、エリアを絞らずに、広範囲に見て回りました。借りたボートのエンジンがEFIだったこともあって、おかげでプラクティスと本戦で、ガソリン代だけで6万円ぐらいは使ったと思います。
本命エリアの一つでは初日からテッケル・ワッカーで特大のバスがヒットし、それ以外にバイトがあるので、早々にエリア温存のために退散しました。
2日目以降はワッパープロッパー等のトップパターン、クランクやチャターの巻物、マットのパンチングの3パターンを試し、パンチングで面白いぐらいバイトがとれ、ほとんどフッキングをせずにGPSでマーキングだけして、魚のいるマットをチェックして回りました。おかげでマークできたマットは20カ所以上で、中にはどうしても放さないバスをサイズ確認のつもりでフッキングしたら、3匹も6-7ポンドクラスのバスをキャッチしたぐらいです。
ちなみにヒットしたのは濁りがあるエリアでは、パンチスカートにオキチョビークローのスイートビーバー、濁りがないエリアではパンチスカートにベビーDボムがよく、ワームが足りなくなるのが心配で、湖上から通販でワームを注文したぐらいです。
そんなわけで、試合前には「決勝残れるかも」ぐらいの勢いで、試合当日が楽しみで仕方なかったんですが、結局は状況は激変&試合当日のタイドの読み間違い(誤算だったのは帰着時間が例年より早かったこと)で、完全な空回り状態で、自分でも何が起こったのか理解できないまま試合を終えてしまいました。完全な経験不足です。
正直、使ったお金はハンパないです。エントリフィーが1500ドル。飛行機代だけで約15万円、その他ガソリン代やボートのレンタル代、ホテル代等のもろもろの経費を合計すると、優勝でもしないと割に合わないです。しかもこんな成績しか残せないと、やってられなくなりますが、これがトーナメントの魔力なんでしょうか、止められません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA