My Best Lure of the Year 2010


P1010540  今年のルアー・オブ・ザ・イヤーですが、自己記録更新の立役者、スイートビーバーでもよかったのですが、今年一番の興奮と感動を与えてくれたルアーはトリキシーシャーク(グリパン/ホワイト)とします。
 FLWシリーズ・ルーズヴェルト戦で、ビッグフィッシュを信じて、毎日キャストをし続け、2日目に5ポンドオーバーをもたらしてくれました。まさに狙って獲ったビッグフィッシュでした。ヘビーカバーの奥で掛け、かなり苦戦して獲ったバスだけに、キャッチできた瞬間は声も出ず、手足が震えたのが忘れられません。しかも、生涯初のビッグフィッシュ賞(プロ・アマ合わせた最大魚)でした。生涯忘れることはないでしょう。
 ここ最近は、安定感よりも試合中にビッグフィッシュを獲れるアングラーを目指し、強い釣りに徹し、心を鍛えてきましたが、今季はレイクミードでもいい魚をキャッチすることができ、成績ではないところでの成長を実感できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA