噂のマネーベイト


ついに話題のチャター系ルアー、ジャック・ハンマーが発売されましたね。実は昨年、ブレット・ハイトがエリート第2戦で2位になった際に使っていたとレポートされてから、アメリカでは各方面で話題となり、複数のエリートプロやFLWツアープロたちから、送ってほしいというリクエストが舞い込んだものでした。ところが、いつまで経っても発売されない。いったいどうなっているんだと多くのメッセージやメールが来たものです。そして、あの試合からほぼ1年経って、ようやく待ちに待った発売となったわけです。
ジャック・ハンマーがなぜここまで話題となったのか。それはブレット・ハイトが公私ともに認めるアメリカNo.1のチャター系の使い手で、そのブレットがジャック・ハンマーの開発に協力したというからです。実はブレットは長年、フェニックス社のブレードジグを愛用していました。最初はシークレットだったのですが、もはや知らない人がいないぐらい有名になって、廃盤となったブレードジグがオークションで高値で取り引きされるまでになりました。ブレット自身は一生分のストックを保有していると語っていたほどです。それほどまでにブレードジグは一般的なチャター系とは何かが違うマネーベイトだったのです。
その違いが分かるブレットが、ついにブレードジグを超えるチャター系を作ったのです。そもそも、チャター系はアメリカではパテントの関係で、エバーグリーンはアメリカで販売できません。それでも、自身が欲しいために作ったのがジャック・ハンマーと聞かされたら、気にならないわけがありません。
来週にはクラシックに行くことになったので、買ってきてほしいというリクエストが次々と入ってきたので、ショップを回ったものの、少しタイミングを逸して、まとまった数を確保することができず、あちこちで通販するはめになりました。
そんなわけで、ボクも定番の3/8オンスを手に入れたので、さっそくパッケージから取り出してみました。「フック、デカっ!」が手に取った第一印象で、バルキーなトレーラー付けても良さそうですが、正直、根掛かり多発しそう。琵琶湖のようなウィードエリア向きな感じがしました。次に感じたのがヘッドの小ささ。「これタングステン?」って思うぐらいコンパクトで、一般的な3/8オンスのイメージより小さく感じます。そこで、フェニックス・ブレードジグ、愛用のアディの3/8ozのヘッドとウェイトを比べてみました。可能な限り誤差が出にくいように、スカートを取り除いて、アディはガードも抜いて比べてみました。
結果はジャック・ハンマーが11.0g、アディが12.4g、ブレードジグが12.7gという結果でした。ブレードの重さはそれほど変わらなそうですし、フックはジャック・ハンマーが一番重そうに見えるので、ヘッド単体でアディやブレードジグより1g以上軽いことになります。これは少し興味深いですね。一概には言えないかもしれませんが、ジャック・ハンマーの方が同じウェイト表示なら少しレンジが浅くなるんじゃないでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA